教室からのお知らせ

初釜はたのしく!!

初釜はたのしく!!

毎年濃茶を練り上げるプレッシャーを感じつつ「美味しくおいしく」と夢中になった
初釜もおしまいになりました。

後は広間席にて皆さんの点前にて薄茶を頂きました。
特別なお膳はではありませんが縁高にゆずり葉をひきその上に柿なますを定番です。
ほぼ酒の肴を用意して茶事こととは少し違って気楽に皆で膳を囲みます。

後の干菓子薄茶も一段とおいしくなっております(笑)

楽水庵茶道教室2月の稽古日

楽水庵茶道教室2月の稽古日

木曜日コース 07日 14日 21日

土曜日コース 09日 16日 23日

日曜日コース 10日 17日 3/3日

月曜日コース 11日 18日 25日



体験レッスンのお申し込みはこちら

平成30年の最後の仕事は

平成30年の最後の仕事は

茶筅供養

今年お世話になりました茶筅の供養に「池上本門寺」にて茶筅供養をお願いいたしました。
茶筅があってこそ濃茶薄茶の点前できることにありがたみと感謝でございます!
新しい茶筅を使い新年の濃茶を頂きたいと思います。

茶筅供養 法要 添え釜 太鼓の音とともに「南無妙法蓮華経」と唱えご先祖様 先人の支えによて
自分がある!新年も怠ることなく一歩一歩と進むだけです。

灰樽

灰樽

7月末に濃く煮出した番茶を加えて練り上げた炉灰が開炉近くになりますと樽の中で
コチコチに生乾き状態になっております。
これを篩にかけて炉中の灰と撒き灰に仕上げていきます。
大変な作業になりますがさらさらとした美しい手触りの良い灰になります。

この灰のおかげで畳の部屋で炭を熾すことができるわけでありますので一番大事な道具と思います。
美しさも年々増して楽しみの一つでしょうね。

楽水庵 稽古

楽水庵 稽古

懸命に稽古を続けているうちにもう10月です。

10月になれば風炉のしつらえも名残となり鉄風炉にかきあげ灰
火間も大きくなって炭のぬくもりがありがたくなってきます。

後、一ヶ月ばかりの風炉手前稽古「頑張ります!」