炭を熾して2015/2/16
炭を熾して
炭点前を済ませて釜の湯相が整ってきました。

薄茶を一服点じて茶の湯友にすすめて、「頂戴致します、押しいただき正面を避け三口半位量を泡まですすります、」
この時の干菓子はネコヤナギ模様の種合わせせんべいと宮城お土産の干し柿でした。

地方の名産菓子もいろいろあり稽古にもつかえて楽しいものです。
炭点前の稽古2015/2/10
炭点前の稽古
立春を迎え日差しは春めいて明るい

稽古場の一室も炉中に大きな炭が入ると暖房がなくても結構暖かい。
炭点前の稽古 火種を整えて湿った撒き灰を四隅にまんべんなく撒く乾いた灰と湿った灰、景色も美しいがこの温度差で炭の熾りに勢いがつくようだ
茶道点前のなかで無駄なことはないとつくずく思う。小さな所作の積み重ね、確実に
稽古、習う、現状2015/2/4
茶道の稽古って実際はどういうものかしら?なかなか分かりにくいかもしれませんね、
学び方はいろいろありますが炭を熾し、濃茶を練り上げ、薄茶をさらりと仕上げて客にふるまう。
これが出来るまで5年~6年必要 へぇーそんなに時間がかかるのぉ そぉなんですが大変でしょうか?

若者の活気あふれた時間に大切な日本の所作を身に付ける絶好の機会と思います。
現在オリンピックに向けて外国の人々が茶道体験に興味があふれ、そのお世話企画する若者がまったく茶道についてわからずに悪戦苦闘する逆に海外の人々にから学ぶ現状 歯がゆいばかりです。

とりあえず稽古着にてお勤め帰りに将来に向かい5~6年茶道を習ってみては、それからじっくり考えましょう。
最近思うことです。夜のコースは月曜日と木曜日です。
生徒の一コマ2015/1/20
生徒の一コマ

薄茶点前初稽古
初釜も楽しく終わりまして新年初の薄茶稽古点前を致しました。
稽古初めて一年満たないが足のしびれも少し楽になりました。
水次やかんで水指に水を差しこれでおしまい[今日も稽古ありがとうございました]
途中二度ほどしびれ直しを致しましたが体重も少し減ると理想だが、、、、、今年も頑張るぞ! 

初釜を終えて2015/1/14
初釜を終えて
楽水茶道教室の初釜1月10日~12日の三日間気候にも恵まれて華やかに楽しく終えることが出来ました。

小間席での濃茶と広間に移り祝い膳と薄茶を楽しみました。今年は特に鼓とお笛の演奏と打楽器のお話をいただき、曲は三番叟と神楽で身も心も洗い清められ素晴らしい年初めになりました。


薄茶のお菓子にチョコレートと大徳納豆を用意いたしました。個人的には薄茶との相性がよろしく抹茶の美味しさがきわだちました。納豆の塩加減が量がミソになりましょうか。
前のページへ 次のページへ