朝茶事22014/8/7
朝茶事2
露地にタップリと水を打ちお客様のお出ましを待つ腰掛

この時間帯はまだ早朝の涼しさが感じられますが… 毎回思うことですが
席入り5:30分でしたら気分は爽快でしょうネ、でもチョイト交通手段も早起きも難しい!
朝茶事2014/8/7
朝茶事
楽水庵茶道教室に於いて今年も四日間にわたり朝茶事の稽古いたしました。

席入りは6:30分でしたので皆さんは始発の電車に乗り、やっと寄り付きに到着です。
朝茶は何と言っても暑い!暑い!クーラーをきかせ扇風機をブンブンですが窓から朝日が
輝いております。

その折の香合は 江戸きりこ(小林英夫作) 
この澄みきったブルー色、朝日に輝いてより一層美しく感じました。
8月の楽水庵茶道教室2014/7/22
8月の楽水庵茶道教室

8月の稽古は夏休みに入ります。

しばし茶道の事は忘れて休日を楽しみましょう。



ホウズキ香合 本物に見えるほど良くできています。この時期、年一度のお目見えです。
楽水庵7月の稽古2014/7/17
楽水庵7月の稽古
梅雨明けと同時にギラギラと照りつく連続の真夏日!(楽水庵教室では8月は夏休みです。)

こういう日には水指の水面を大きくみせ水次も滝のように少々高くタップリ継ぎ足し涼感を
誘い出します。
この水指の中は小さなメダカが数匹泳いでいる画があります。
濃茶の主菓子は[みぞれ羹]ささま製
道明寺羹の中に小豆の漉し餡を入れたものです。
冬に降るみぞれを道明寺で表現して、涼しさを感じさせる御菓子です。
早稲田留学生の茶道体験その22014/6/6
早稲田留学生の茶道体験その2
広間席では略盆点前にて実際に茶筅を振って自服してみました。

茶器から一杓半が一人前の量、あとは湯を入れてシャカシャカと茶筅を振ってみる。
前のページへ 次のページへ